理事長挨拶

2017年11月1日から、技能実習制度は新しい制度になりました

国際交流協同組合は、これまでも技能実習生の受け入れに長い経験を持ち、多数の技能実習生を受け入れて、その成果を上げ、かつての技能実習生は今や母国での生産になくてはならない人材として活躍しています。
国際交流協同組合は、新しい制度においても、一般監理事業の許可を受けております。このことはすなわち優良な監理団体と認められて、3号(4年目、5年目)の技能実習生の受け入れもでき、なおかつ拡大された人数枠の技能実習生を受け入れることができる監理団体と認められたものであります。
技能実習制度はこれからもさらに発展的に活用されて、技能実習生の母国の産業の発展に寄与するとともに、受け入れ法人・個人のメリットにもなるものです。この制度のさらなる活用を図るという政府の意図は、受け入れ人数枠の拡大、受け入れ期間の5年への延長、受け入れられる職種の拡大等、この制度の拡充が大きく図られていることからもよくご理解頂けるものと思います。
国際交流協同組合は、優れた技術、技能、知識をお持ちの日本の法人・個人の皆さんと一緒になお多くの技能実習生を受け入れその制度の趣旨を生かしていきたいと考えております。


理事長 金崎勝
国際交流協同組合とは 特色と方針 体制について

ページトップへ